トナーカートリッジとドラムとの関係を知る

インクジェットプリンターを使うときのインク周りの部品はインクのみです。無くなれば新しいものと取り替えます。ではレーザープリンターの場合はどうかです。まずトナーカートリッジがありこちらを取り替えます。さらに取り換えないといけないものがあります。それはドラムと言われる部分です。もっと言えばトナーはこのドラムに取り付ける形になります。ドラムを交換すると自然にトナー部分も交換されます。ドラムはインクのように何かが無くなっていくわけではありませんが、適度に交換が必要になることがあります。交換のタイミングはプリンターに表示されることがあります。トナーを交換してください、ドラムを交換してくださいと表示されます。トナー部分にリサイクル品があるようにドラム部分のリサイクル品もあります。純正品に比べると安く購入することができます。

トナーカートリッジのトラブルのコストは意外に高い

自宅で自分の好き勝手に印刷をしていてトラブルに遭うことがあるかもしれません。プリンターを買い替えることになったとしてもそれは自分の生活の範囲です。印刷が多少遅れたとしても何かに大きく影響することはないでしょう。会社でレーザープリンターを使っているときにトラブルが発生したとなると大変です。場合によっては業務がストップしてしまうことがあります。プリンターを使って会議資料を印刷したり、客先への見積書を印刷することがあります。代わりがなければそれらも全くできなくなります。レーザープリンターのトラブルの原因としてトナーカートリッジが影響することはあります。トナーを出す部分などに問題が出やすいからです。プリンターそのもののコストもありますが、業務が停止することのコストもあります。それも考えてトナーカートリッジ選びをしないといけません。

トナーカートリッジの売却

トナーカートリッジは消耗品で使用期限などが記載されています。使用期限内であれば売却などもすることが可能で、最新の商品のトナーであれば高値で売ることが出来ます。3万円程の純正のものであれば2万円前後で買い取りをしてくれるところもあり、需要は高いです。純正の他にリサイクルトナーと呼ばれるものも存在し、中のインクを補充したものが売られています。その場合は買い取り金額は半額以下になりますが、それでも1万円前後で最新のものは売れることもあり、使用しなくなった未開封のもので使用期限が残っているものは検討するのも良いです。また、からのトナーが不足している場合はからのものも売ることが出来るため、捨てる前にネットなどで今は沢山買い取りを強化しているお店があるために検討するメリットは大きいです。あくまでも消耗品のため、使用期限などは調べる必要があります。