リサイクルのトナーカートリッジで不具合発生時

リサイクル品を利用するのは環境のためにも良いことです。ただし必ずしもすべての状況でリサイクル品を使えばよいわけではありません。場合によってはメーカーがしている通りの使い方をした方が良いこともあります。トラブルが発生することもあります。トナーカートリッジはプリンターのメーカーが提供してくれます。純正となり価格はそれなりにします。安く利用するためにはリサイクルを使います。これはメーカーではなく別の業者が行っています。価格はかなり安くなるのでコストを大幅に下げられます。純正でトラブルが発生すればメーカーが対応してくれます。しかしリサイクル品でのトラブルはメーカーは一切対応してくれません。そのもののだけでなく本体にも影響することがあります。会社によってはカートリッジだけでなく本体分の補償をしてくれるところもあるので、利用する会社をきちんと選びましょう。

トナーカートリッジはどんどんリサイクルする

レーザープリンターを使うときに必要になるのがトナーカートリッジです。プリンターに色の元が必要になるのはわかるでしょう。インクリボンや液体のインクなどを知っている人もいるはずです。トナーは粉状になっているインクです。これを溶かして印刷に使います。取り換えをするとわかりますが、このトナーは結構大がかりです。これだけで一つの機械と言えそうです。外からはトナーの状況などは一切見ることは出来ません。純正で購入するときには数万円することがありますが、それくらいするのも納得するぐらいの見た目です。このカートリッジはリサイクルができます。まず使い終わったらリサイクルをしてくれる業者に依頼して持って帰ってもらいます。販売しているところなら引き取りもしてもらえます。次になくなったときにも引き取ってもらえます。引き取ってもらうときにも業者が送料を負担してくれます。

リサイクルのトナーカートリッジは不具合率は高め

レーザープリンターを使うときにはトナーカートリッジを使いますが、新品で購入するときにもカートリッジは別になっているので取り付ける必要があります。その後トナーが無くなれば新たに買う必要があります。使っていたものを取り外して新たに買ったものを取り付けます。カートリッジを取り替えるときに発生するのが不具合です。原因は様々です。機械に問題があることもあれば、カートリッジに問題があることもあります。リサイクル品は不具合率が高いとされますが、純正でもそれなりに不具合は発生します。リサイクル品でどれくらい不具合が発生するかですが、純正品に比べてプラス1パーセント程度です。これを高いと考えるかどうかはその人の考え方です。人によってはリサイクル品ばかり使っているけど一切不具合にあったことがない人もいるでしょうし、純正で何回か不具合にあっている人もいます。